香典郵送 一筆。 郵送する香典に添える手紙のマナー|文例・注意点・送る場所|終活ねっと

香典の郵送方法は?手紙に使う便箋や封筒おすすめは?例文は?

香典郵送 一筆

訃報を受けるのはいつも辛いですね。 あなたもしっかりとお通夜やお葬式に参列して、お別れしているんじゃないでしょうか。 でも、なくなった方が遠くに住んでいたり、どうしても外せない用事があって、どちらにも参列するのが難しい場合があります。 そんな時は、お香典だけでも渡しておきたいですね。 手渡しはできなくても、お香典は郵送することができます。 「え、お香典を郵送?」って思いますよね。 なんとなく失礼な感じもするし、罰当たりな感じもしますね…。 でも安心してください。 お香典を郵送することは、全く問題ありません。 しっかりとお香典を送って、あなたのお悔やみの気持ちを遺族に知らせてくださいね。 今回は、 お香典を郵送する方法やマナーをご紹介します。 お香典を郵送するタイミング、宛名と送り先、同封するお悔やみの手紙の文例などもありますので、参考にしてみてくださいね! お香典を郵送する時の宛名と郵送先は? お香典を郵送する場合、2通りの送り方があります。 このように、 日にちに余裕がある場合は、お香典を斎場に送ることができます。 斎場に直接香典を送る場合、お葬式が終わるまでに香典が届かず、受け取ることができないことがあります。 ですから、日にちに余裕のある場合のみ、斎場に送りましょう。 香典を送る際は現金書留()になりますが、通常であれば、翌日か翌々日には配達されます。 ただし、遠方の場合や悪天候(雪など)で遅れることがありますので注意が必要です。 余裕があるのであれば、配達日の指定をするのがおすすめです。 郵便局で聞いてみた所、翌々日以降〜の日にちで指定ができるそうです。 (時間指定はできません。 )ただし、あなたの香典の送り先の県名を告げ、必ず再度郵便局で確認してくださいね。 訃報を受けると、一緒にお通夜やお葬式の日にちと会場の詳細がわかりますよね。 斎場の住所に喪主の名前で送るか、気付で送ります。 喪主の名前で送ると、基本的には喪主の人が受け取らなければなりません。 でも、気付で送ると、斎場のスタッフが受け取ることができます。 ただし、斎場によっては気付でも受け取ってくれない場合がありますので、一度電話で確認するのがおすすめです。 方法2:喪主宛で喪主の自宅住所に送る お通夜が当日に行われる場合は、香典を斎場に郵送しても間に合いませんので、お葬式がすんでから 喪主の自宅住所に直接送ることになります。 「すぐにお香典を郵送してお悔やみの気持ちを伝えたい!」きっとだれでもそう思いますが、葬儀の2-3日後〜を目安に送るようにするのがおすすめです。 葬儀直後はまだバタバタしていますので、ほんの少しだけ余裕を持って送りましょう。 あまり遅くなるのはよくありません。 喪主はいただいた香典をチェックして香典返しなどの手配をしなければなりません。 手配後にあなたの香典をぽつんとうけとることになると、手間が増えてしまいます。 相手の負担にならないように、なるべく早く送るようにしてください。 お悔やみ• 出席できないことへのおわび• 香典を同封した旨 です。 伝えたい事がたくさんある場合は、長くなっても構いませんが、短い文章で問題ありません。 華美でないシンプルな便箋・一筆箋を選びましょう。 ご家族の皆様のご心痛、お察しするにあまりあります。 遠方のため、直接お悔やみに伺うこともままならず、誠に申し訳ございません。 心ばかりではありますが同封させていただきました。 故人のお好きだったものをお供えいただければと存じます。 どうかお力をおとされませんようご自愛ください。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 〈例文2〉 突然の訃報に接し、悲しみを深くしております。 もうお元気なお姿を見られないとは未だに信じられません。 本来であればご葬儀に参列してお別れをすべきところですが、 やむを得ない事情により叶わず、誠に心苦しく存じます。 同封のものはほんの気持ちですが、 故人のお好きだったお花でもお供えくださいますようお願い申し上げます。 悲しみは尽きませんが、ご家族の皆様はどうかお疲れが出ませんように、お体を大切になさってください。 心よりお悔やみを申し上げます。 お香典を郵送する時のマナー まとめ お通夜やお葬式に参列できなくても、しっかりとお香典を送って、あなたの気持ちを伝えておきたいですね。 遺族側としても、故人を思うあなたの気持ちが嬉しいはずです。 今回ご紹介してきたように、いろいろなマナーはもちろんありますが、それを基本にした上で、あなたの気持ちを優先して納得のいくお別れをしてくださいね。

次の

香典は郵送しても良い?送り方やタイミング、マナーについて

香典郵送 一筆

そもそも香典は郵送しても良い? 香典を渡す際のマナーとして、実際に葬儀に参列して渡すのが基本だと考える方は多いでしょう。 しかし実際には、遠方であったり事情があったりなどで葬儀に参列できない場合もあります。 そういった場合、香典を郵送するのはマナー違反になるのでしょうか。 そもそも、香典とは一体どのようなものなのでしょうか。 香典とは、仏式の葬儀における死者に供える金品のことを言います。 同時に、故人の家族への支援という、相互扶助の意味も含んでいます。 仏教では香典と呼びますが、「玉串料」や「お花料」など、言い方は変わりますが、神道やキリスト教でも同様に金品を供える習わしがあります。 ただし使用する不祝儀袋や表書きなどが異なるため、どのような宗教の葬儀かあらかじめ確認しておくことが重要でしょう。 また、香典として納める金額は、亡くなった方とどのような関係にあったかで変わります。 ここでは一般的な相場を記しておきます。 両親・・・5~10万円• 兄弟・・・3~5万円• 親戚・・・1~3万円• 顔見知り程度の関係・・・3~5千円 では、香典を手渡しできない場合、郵送しても良いのでしょうか。 やむを得ない事情があるなど、葬儀に参列できない場合は郵送しても問題ありません。 弔電と同様、香典も郵送したからといって失礼に当たることはないのです。 香典を郵送する時のマナー 香典を郵送することはマナーの上で問題ありませんが、どのように郵送すればいいのでしょうか。 郵送する際の方法やマナーについて説明していきます。 不祝儀袋の選び方 まず知っておきたいのが、不祝儀袋についてです。 不祝儀袋は宗派によって異なるため、失礼にならないよう配慮する必要があります。 仏教、神道、キリスト教と大きく3つに分けられ、宗教によって表書きや水引の色などが違います。 水引:黒白もしくは双銀で、結び切りもしくはあわび結び• 表書き:御香典、御霊前、御香料など• 蓮の花が描いてある 神道• 水引:黒白もしくは双銀で、結び切りもしくはあわび結び• 表書き:御玉串料、御榊料、御霊前など キリスト教• 水引:黒白もしくは双銀• 白無地のもの• 表書き:御花料、御弔慰料など• 十字架の絵が描かれている 【合わせて読みたい】 宗教が不明な場合• 水引:黒白もしくは双銀で、結び切り• 表書き:御霊前• 白無地のもの 包む金額と不祝儀袋とのバランスにも注意が必要です。 香典の金額が1万円以上であれば、本物の水引を使用した不祝儀袋を使用するようにしましょう。 お金の入れ方 香典として包むお金は、どのように入れればいいのでしょうか。 また、入れるお札に決まりはあるのでしょうか。 香典に入れるお金は、折り目のついたお札を入れましょう。 新札を使用することは失礼に当たるとされています。 また、使い込まれたシワシワのお札も故人に供えるのにふさわしくないため、避けた方がいいでしょう。 お札を入れる向きに関しては、向きが揃っていれば特に気にする必要はありません。 また、包むお札の枚数に関して、一般的な決まりがあります。 古くからお札の枚数はすべて同じ種類のお札で1・3・10枚、金額は1・3・5・10の数字にするという習慣があるのです。 香典の相場と含めてお札の枚数や金額にも気をつけましょう。 現金書留専用封筒で送る 現金を郵送する際には、現金書留専用封筒を使用する必要があります。 現金は宅急便などでは送れないため、必ず郵便局から送るようにしましょう。 ここで気をつけたいのが、現金書留専用封筒に直接現金を入れるのではなく、現金は不祝儀袋に包み、その不祝儀袋を現金書留専用袋に入れる点です。 この際、不祝儀袋が入る大きさの現金書留の封筒を選ぶようにしましょう。 手紙を添える 香典を郵送する際、必ずしも手紙は必要ではありません。 しかし、お悔やみの気持ちを一言添えておくだけでも丁寧な印象を与えます。 香典だけでなく、手紙も添える方が良いでしょう。 郵送する際の注意点 香典を郵送する際、いつ送ればいいのか、郵送にはどのくらいの費用がかかるのか気になることでしょう。 特に郵送のタイミングは早すぎても遅すぎても良い印象を与えません。 どのタイミングが一番良いのでしょうか。 香典を郵送する時期やタイミング 手渡しができないのであれば、なるべく早く香典を郵送した方がいいと考える方は多いでしょう。 もしくは、遺族が落ち着いてからの方が良いかもと何ヶ月か経過してから送ろうと思っている方もいらっしゃるかもしれません。 果たして、どちらが良いのでしょうか。 そんな時は、受け取る遺族にとってどの時期が一番良いのか考えてみましょう。 一般的に葬儀直後は遺族も忙しいため、およそ葬儀後1週間から1ヶ月くらいの間に郵送するのが一番良いタイミングと言えます。 郵送する際にかかる費用 実際に香典を郵送すると、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。 現金書留専用封筒は21円で販売されており、郵送の際にかかる費用は重量分の郵便料金以外に現金書留料金が加算されます。 現金書留料金は郵送する金額が1万円までが430円です。 1万円以降、5千円ごとに10円が加算されていきます。 また、気をつけたいのが封筒の宛名です。 もし分かるのであれば、喪主の名前を宛名にします。 しかし喪主が分からない場合には、「(故人の名前)ご遺族様」と書きましょう。 香典を郵送する時の手紙の例文 香典を郵送する際に手紙を添える場合、注意すべき点があります。 白い縦書き用便せんを使用する• 便せんは一枚のみ使用• ペンや万年筆、薄墨を使用• 「重ね重ね」、「再び」などの忌み言葉を避ける• 手紙を封筒に入れる場合は、二重の封筒ではなく、一重の封筒を使用する• 季節の挨拶は不要• 香典を同封していることを記す• 故人の家族との面識がない場合は、自分が故人とどのような関係なのかを記しておく では、実際に手紙の文例を見ていきましょう。 謹んでお悔やみ申し上げます。 夏にお会いした際にはとてもお元気で、私どもの結婚式では仲人も務めて頂きました。 お礼もままならぬままのお別れとなったこと、悔やまれてなりません。 明るく誠実なお人柄であっただけに、ご遺族の皆様のお嘆きはいかばかりかと胸がつぶれる思いがいたします。 お力落としのことと存じますが、どうか、お気持ちを強く持ってご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 本来であればすぐにでも御霊前に駆けつけたいのですが、遠方のためかないませんこと、どうかお許しください。 心ばかりのものを同封いたします。 御霊前にお供えいただければ幸いです。 【合わせて読みたい】 葬儀後に訃報を知った場合.

次の

香典の郵送の仕方のマナーと手紙の文例|親戚/友人宛・封筒

香典郵送 一筆

そもそも香典は郵送しても良い? 香典は葬儀において、故人のために供える金品のことであり、遺族への支援や気遣いの意味も含んだものです。 仏教だけでなく、キリスト教でも同様の風習があります。 葬儀に参列できない場合、が、同様に 香典についても郵送することはマナー違反ではありません。 むしろ、お悔やみの気持ちを伝えるためには送った方が良いでしょう。 そして、故人に対するお悔やみと参列できなかったお詫びの手紙を添えて、現金書留封筒に入れ、郵便局から送りましょう。 現金は一般の封筒や宅配便では送れないので、注意が必要です。 現金書留封筒は大きめにできているので、通常の不祝儀袋であれば問題なく入ります。 ただし大きいサイズの不祝儀袋は入らないこともありますので、一般的なものを選ぶようにしましょう。 現金書留封筒には自分の名前や住所を書きますが、 不祝儀袋にも自分の名前や住所を記入します。 封筒の宛名は葬儀の喪主の名前を書きます。 香典を郵送する宛先とタイミング 通夜まで日があり、 当日までに郵送が間に合う場合は、斎場に直接香典の入った現金書留封筒を送ることも可能です。 一般的には投函してから1,2日で到着しますが、できるだけ余裕を見て、日付指定で送ると確実です。 通夜がすぐに行われる場合は、斎場に送っても間に合わないため、後から喪主の住所宛に送ります。 葬儀の直後は何かと忙しい時期となるので、避けるのが賢明です。 かと言って遅すぎてもタイミングを逸してしまいますので、 葬儀から数日程度たった頃に着くように手配すると良いでしょう。 喪主は香典を頂いた方に対して、まとめて香典返しを行います。 到着が遅れると二度手間をかけてしまうので、あまり時間を空けすぎても負担を与えてしまいます。 香典の金額と、お金の入れ方 香典に使う紙幣は、1万円札や1,000円札など、同じ種類のもので統一します。 そして、合計額の頭が1,3,5,10になるようにします。 また、4や9は避けるべき数字といわれています。 具体的な金額としては、知り合い程度であれば3,000円~5,000円、仲の良い友人や職場関係であれば5,000円〜10,000円、親戚の場合は10,000円~30,000円が相場となります。 不祝儀袋にお金を入れる際には、すでに使われていて折り目のある紙幣を用意します。 新札を使っても問題ありませんが、その場合は一回折ってから使うようにしましょう。 あまり汚くシワのついたお札も失礼になります。 そして必要な金額の紙幣を、向きを揃えて入れるようにします。 手紙の添え方 香典を送る際には、絶対ということではありませんが、手紙を添えるとより丁寧です。 実際に手渡しする場合は、「この度はご愁傷様でした」などの言葉を添えるのが一般的ですから、それに当たるものと思えば良いでしょう。 ですから、決して長々と文章を書く必要はありません。 ポイントをおさえて簡潔に書いてください。 使う便箋は、白色の縦書き無地のタイプを使います。 また、便箋よりも小さい一筆箋でも問題ありません。 一般的な便箋であれば三つ折りで、一筆箋の場合はそのまま封筒に入ります。 香典に添える手紙の文例 香典に添えるお悔やみの手紙では、時候の挨拶や「拝啓」などの書き出しは不要です。 書く内容の要素は、故人に対するお悔やみ、葬儀に行けなかったお詫び、香典を同封しますという主旨、そして遺族への心遣いと故人の冥福を祈り、纏めます。 喪主との面識がない場合は、自分と故人との関係性も書いておきましょう。 実際の例文は、以下のようになります。 本来であればご葬儀に参列すべきところですが、遠方にてかなわず、誠に申し訳ございません。 心ばかりではありますが、ご香典を同封いたしますので、ご霊前にお供えくださいますようお願い申し上げます。 家族の皆様にはお力をお落としのことと存じますが、くれぐれもご自愛くださいませ。 略儀ながら書中にて、心よりご冥福をお祈り申し上げます。 まとめ 突然の訃報で葬儀に参列できないことはあるものです。 そうした時は手紙を添えた香典を遺族の方に送れば、あなたの気持ちも伝わります。 葬儀に関しては一定のマナーや決まりごともあるため、それらを踏まえることも必要です。 もし葬儀に関して分からないことがあれば、いつでも経験豊富な当社までご連絡ください。 いい葬儀で葬儀場・斎場を探す エリアを選択してください 北海道・東北地方 探す• 関東地方 探す• 中部地方 探す• 関西地方 探す• 中国・四国地方 探す• 九州地方・沖縄 探す• いい葬儀の鎌倉新書が運営するサービス•

次の