創価学会 何。 略年表|創価学会公式サイト

創価学会って何教なのですか?創価学会の方はご本尊を拝まれているそう

創価学会 何

創価学会は、新興宗教団体です。 宗教年鑑や学術書に、新興宗教団体であるとはっきりと記載されています。 新興宗教団体ですから、オウム真理教、統一教会、エホバの証人、パナウェーブと同じ扱いということになります。 30年前までは、仏教の宗派である日蓮宗の信徒団体として、日蓮の御本尊を貸してもらい、本山のお参りなどをさせてもらっていたのですが、創価が持つ多大な会員数と資金とにものをいわせて日蓮を乗っ取ろうとしたことから摩擦が起きます。 日蓮を格下に見るようになった創価は、日蓮の運営に口を出したり、誹謗中傷を機関誌に掲載して運営の妨害を始めたため、日蓮は創価を破門にし、池田大作を除名にしました。 日蓮にとって、何十万という信者を手放し、年間何億という布施が無くなることは痛打でしたが、日蓮そのものを乗っ取られるよりマシという苦しい判断だったようです。 創価学会は、仏教団体(日蓮)の信徒資格を喪失したことから、仏教系宗教団体を名乗ることができなくなりました。 他の宗教団体に衣替えしたわけでもないので、一切の宗派と無縁の、孤立した新興宗教団体ということになります。 集会(ビデオの鑑賞会)では、池田のスピーチを聞いた信者が、「池田先生、万歳」と泣きながら三色旗を振っていた時代もありました。 創価学会の文化祭の様子(某国の指導者にそっくりであると話題になっています) 創価学会は、国会で創価の存続の是非で議論にもなったほどの、非常に危険な恐ろしい宗教団体です。 国会の会議録まとめ 海外では、最大手のマスメディアBBCが「創価学会はカルトであると世界中から非難されている、宗教の看板を掲げた政治団体で、法に則った法執行を阻害し、日本の支配を目的に活動しているカルト集団である。 」と報じました。 辞書サイトを見ると、創価学会は悪質なカルトだと分かります。 数十件の社会問題に発展した事件、大きな犯罪、裁判沙汰などが掲載されています。 創価学会の犯罪が公的に認められた事件: ・全国展開された言論弾圧、出版妨害、嫌がらせ。 国会で証人喚問の話になった(言論出版妨害事件) ・脱会者や創価批判者の通話記録を窃盗し組織的な嫌がらせを行った(ドコモ通話記録窃盗事件) ・創価幹部による450万件の個人情報窃盗及び漏洩(YahooBB個人情報漏洩事件) ・数十万枚の中傷ビラを10都府県33都市にばらまいた(創価違法ビラ事件) ・合成写真を作って相手を誹謗中傷、写真をメディアに掲載した(偽造写真事件) ・信者に嘘の証言をさせ、組織として「売春トラブルを起こした」などと嘘を吹聴した(シアトル事件) ・嘘の被害を申告して、でっちあげ裁判を何件も起こす(コーヒーカップ裁判) ・投票所を襲撃して女性や高齢者など職員4名に重軽傷を負わせる(練馬投票所襲撃事件) ・公明党委員長 矢野絢也氏への組織的なストーカーおよび脅迫行為(黒い手帖事件) ・共産党委員長宅の盗聴。 創価の組織犯罪だと断罪された(宮本邸盗聴事件) ・一度に50名近い逮捕者を出した政治犯罪(大阪事件) 社会問題ばかり起こしていますから、国会では創価学会・公明党の問題が取り上げられ、名誉会長・池田大作は証人喚問されました。 創価学会の集団ストーカーを国会で追及する亀井静香(国会の映像) 公明党委員長 矢野絢也氏の組織的ストーカー被害1(会見ビデオ) --- 犯罪や裁判沙汰があまりに多く、国会でも問題になったことから、創価は世界各国からカルトに指定されました。 辞書サイトより転載。 『1995年12月、フランス国民議会で採択された報告書『フランスにおけるセクト』は「通常の宗教か、セクト(カルト)か」を判定する国際的な指針の一つとされている。 この中で、セクトの本質を「新しい形の全体主義」と定義した上で、以下のように「セクト構成要件の10項目」を列挙している。 精神の不安定化 法外な金銭的要求 住み慣れた生活環境からの断絶 肉体的保全の損傷 子供の囲い込み 反社会的な言説 公秩序の攪乱 裁判沙汰の多さ 従来の経済回路からの逸脱 公権力への浸透の試み 以上の項目のいずれかにあてはまる団体をセクトとみなしている。 創価学会はフランスだけではなくドイツ、チリ、ベルギー、オーストリア、アメリカといった国々でセクト指定されている。 フランス政府のセクト対策はキリスト教以外を排斥するためだという陰謀論じみたレベルの低い議論や、キリスト教を守れという議論はフランスでは主流とならなかった。 全く違う高度な議論の末に対策の議論が行われた。 』 詳しくはこちらを参照ください --- 国会でも創価学会のカルトについて論議されました。 外国の報道も、日本の宗教に対してカルト的だという表現を使っている。 ですから、そういうことは本当にそうなんだろうか、もしそうでなかったとしたら大変迷惑な話でありますから、そういう点で外務当局にタイムとかBBCとかABC放送の内容というものを的確に見せていただきたい。 そして、その言っていることが間違いだとしたら国を挙げて抗議をしなきゃいかぬでしょう。 そのとおりだということであったら政治や国会という場の中でこれに対して警告を発していかなきゃいかぬじゃないですか。 そういう意味で、私どもは外務当局に先ほどお願いをいたしたわけでありますけれども、そういうことについて早急に資料をお出しいただけるということでございますから、それはその時点でお話をいたしたいと思います。 さて、実は先ほど聖教新聞のいわゆる選挙特集を発言したのでありますけれども、聖教新聞というのはどういう新聞なんですか。 --- フランスの裁判所は、創価学会をセクト(反社会的カルト集団)と司法判決を下した。 フランス国営放送で『創価学会-21世紀のカルト』と題した、日本の危険宗教を紹介する番組が放映された。 フランスといえば、学会員が一万人ほどいるとされ、ヨーロッパにおける創価学会の中心地。 その地の国営放送が学会批判の番組を流したのであるから、ただごとではない。 もっとも、フランスではすでに、国会が創価学会を「危険なカルト教団」と認定している。 それを知らない日本の学会員は、池田大作を「世界の指導者、世界中が先生を求めている」などと言うが、海外における実態は、うさん臭いカルト教団の支配者としか見られていない、ということだ。 」 --- 創価学会の事件一覧 創価公明幹部らが、創価学会の大犯罪を暴露 公明党議員がブログで創価批判を展開 世界中から胡散臭いカルト宗教と見られている集団が作った政党「公明党」を、組織票欲しさに手を組んでしまう自民党の罪の大きさは計り知れないものがあります。 票さえ入れば、日本のことなんてどうでもいいという考えなのでしょう 仏教の一派ではあるでしょうね、もっとも本来の仏教からは遠くはなれています。 もともと鎌倉時代の日蓮がはじめた宗教です。 日蓮の主張はきわめて明快で「釈迦の説いた経典の中でもっとも大事なのは法華経である、これをないがしろにして、釈迦や法華経以外を信仰する邪宗がはびこっているがために日本の世の中が乱れている。 そのために邪宗を禁止し、法華経に帰依すべきである」と説いているんですよ。 以下日蓮の書いてあるものから引用します。 慈悲と寛容の仏教精神から言えば、異常ともいうべき主張です。 建長寺・寿福寺・極楽寺・大仏・長楽寺等の一切の念仏者・禅僧等が寺塔をばやきはらいて、彼等が頚 首 をゆひのはま 由比ガ浜の処刑場 にて切らずば、日本国必ずほろぶべしと申し候ひ了んぬ(選時抄) 不殺生戒と申すは一切の諸戒の中の第一なり・・是くの如き重戒なれども法華経の敵に成れば此れを害する 殺すこと は第一の功徳と説き給うなり、 秋元御書 でもね、法華経をはじめとする大乗経典なんて、釈迦が死んでから数百年たってから成立したものです。 そんなものが釈迦が説いたもののはずはありません。 あと、マインドコントロールの話ですが、自分で熱心に活動していると、人間の心理はそれが非常に重要なように思うのですね。 ですから、宗教でも熱心に信じていると、指導部の言っていることをそのまま無批判にうけいれてしまいます。 どう考えてもおかしいだろうということを、全くおかしいとは思わなくなるんですね。 その反面、第三者にその宗教を批判されると、あたかも自分を否定されたかのように感じてしまうんですね。 私の両親は熱心な学会員でした。 ですから創価学会員の方はよく存じ上げています。 人が良い人が多いんですが、ちょっと学会に批判的なことを言うと、人が変わったようにむきになって反論されました。 また上のクラスの人間は、何も知らないくせに非常に上から目線で、いかにも自分はエリートなんだ、選ばれた人間なんだという雰囲気ぷんぷんなんですよ。 母はご供養だ!財務だ!と言って、おそらく生涯に数千万円を提供したのではないかと思います。 死んだときには40万円しか残っていませんでした。 日本の宗教法人であり、大乗仏教である日蓮の仏法を信奉する団体である。 「創価」とは「価値創造」の意味。 価値の中心を「生命の尊厳」とし、万人の幸福と世界平和を目指している。 現在、192ヵ国・地域に広がっている。 「創価学会は、大乗仏教の真髄である日蓮大聖人(1222~1282)の仏法を信奉する団体です。 その目的は、仏法の実践を通して、一人一人が真の幸福境涯を確立するとともに、生命の尊厳を説く仏法哲理を根本に、恒久平和、豊かな文化、人間性あふれる教育の創造を推進し、人類社会の発展に寄与することにあります」(創価学会公式サイト) ネット上では、創価学会批判が日夜狂ったように展開されている。 その批判者たちの素性は、学会で悪事を起こして学会を追放された者や、「たかが信徒の分際で、僧侶を差し置いて出しゃばるな!」との僧俗差別の念をむき出しにする某邪宗門の関係者、その他、社会的にそれなりの地位があるのを鼻に掛け、英雄気取りで学会をまことしやかに批判する面々などである。 彼らは、親におもちゃを買ってもらえずに地べたに寝っ転がってワアワア泣き叫いでただをこねる幼児の如く、「おれは学会より正しい。 正しいんだ!」と、いかにも学会に非があるかのように正義の告発者を装い、ネット上その他で喧伝している。 しかし、偉人ぶって学会を批判する割には、彼らの生き様は立派とは到底言い難い。 彼らには「師弟」がない。 自分の心を「師」とするしか術がない。 卑しい自分の心のおもむくままに学会批判を繰り広げる彼らの有様は、どんなに自分を立派そうに見せかけても、所詮「悪鬼入其身」でしかないのである。 「心の師とはなるとも心を師とすべからず」(義浄房御書)。 人の心は、縁によって、善の方向にも悪の方向にも動く、移ろいやすいものである。 その移ろいやすい心を善の方向へ高めるもの、それこそが正しい「師」なのである。 南無妙法蓮華経の日蓮仏法を過たず実践できるよう、どんな人にでも全力の激励を重ねる、創価学会の池田先生こそ、「師」としてふさわしい方はない。 「師」のいない人生は、自由なようであっても、侘しい。 羅針盤もなく、勝手な方向へ進んで、座礁あるいは沈没する船のようなものだ。 その点、確かな師匠のいる我々学会員は幸福である。 「生涯幾(いくば)くならず思へば一夜のかりの宿を忘れて幾くの名利をか得ん、又得たりとも是れ夢の中の栄へ珍しからぬ楽みなり」(持妙法華問答抄)。 はかない名聞名利などに囚われることなく、南無妙法蓮華経という宇宙の根本法則の軌道に乗って、永遠の絶対的幸福境涯に到達することができるからである。 一知半解の知識で、「洗脳」とか「マインドコントロール」と難癖をつけ、この偉大なる師弟の世界を罵倒し、永遠の幸福への道を自分で勝手に閉ざしているアンチ学会の者たちは、実に哀れであり愚かであるというほかはない。 だから仏像を拝みますが、それが偽物だ、という ことで裁判沙汰になったことがあります。 信者の一部ですが、脱会したひとに対して、猫の死骸を 投げ入れる、なんて嫌がらせをしたことが ありました。 宗教は何でもそうですが、深入りすると 危険です。 創価学会が特に危険視されているのは、政治に介入している ので、マスコミやネットなどで騒がれるからです。 他の宗教団体も、政治にはタッチしていますが、 創価学会は公明党なる政治団体まで作っているので それだけ反発も強いのです。 信者だ、ということが判明することもあります。 私が子供の頃、今から55年も前のこと。 近所の方が、創価学会を勧められて入信しました。 創価学会は、他宗を認めませんので、その近所の方は 先祖代々の仏壇を捨てる様に言われ、、リヤカーに仏壇を乗せて 捨てに行く途中に車に跳ねられ、一家全員が亡くなりました。 当時、車ってそんなに無かったんだですけどね。 近所の人たちは「仏壇を捨てるなんて罰当たりなことをしたから 罰があたったんだ!!」と噂していました。 田舎でもあったので、 車って本当に、滅多に見かけなかったんですけどね、、。 その滅多に見かけない車に轢かれて一家全員が亡くなったので 子供心に創価学会って怖いなぁー!!と 思ったのを今でも鮮明に覚えています。 他宗を排斥しますからね、創価学会は。

次の

創価学会の記念日 一覧表(各月別・広宣流布の歴史)|唱題の功徳

創価学会 何

創価学会とスラップ訴訟 アメリカでは相手に苦痛を負わせる目的に起こす訴訟を規制する「反スラップ法」というものがあるという。 このような訴訟を通称スラップ訴訟という。 日本ではあまり馴染みがない言葉であるが、日本ではこの被害に悩まされている方が多くいるらしい。 これは一体どのようなものなのか?『スラップ訴訟とは何か』 現代人文社 から紹介させてもらうと。 お金や時間、手間を費やすよう強制される。 しかもそれが年単位で長く続く。 裁判を起こす側にすれば、判決の勝ち負け以前に、裁判さえ始めれば、それだけで相手に苦痛を与えることができる。 この民事裁判の性質を利用して、相手に苦痛を与えることができる。 隣家の主とけんかになり、罵倒されたので、土地の境界線が曖昧なのをネタに訴訟を起こす。 浮気がバレて離婚と慰謝料を請求する訴訟を起こされたので、配偶者の浮気相手を探し出して慰謝料訴訟を起こす。 「嫌がらせ」「仕返し」「腹いせ」「意趣返し」「報復」を目的として民事訴訟を起こすことができる。 お金や手間を気にしなければ、提訴すること自体はまったく合法である。 実際に、こうした「相手に苦痛を与える動機で提訴される訴訟」は日常茶飯事である。 こうした「嫌がらせ目的の訴訟」のうち「相手が公に言った発言が気に入らないので、報復としで提訴する訴訟」のことを「スラップ」という。 中略 こうした「公的な意見表明の自由」は日本国憲法で保障されている。 「第二十一条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する」という部分である。 憲法は国の最高法規ですから、侵害するような行為は( ごくわずかな例外を残して) 許されない。 さて、ここで矛盾にお気付きだろうか。 スラップは相手の批判や反対を押さえ付けるための提訴だと書いた。 裁判所という法律を守るためのシステムを使う「提訴」という行為が、最高の法律である憲法で保障された自由や権利を侵害してしまう。 矛盾している。 「提訴する権利」は誰にでも保障されている。 「裁判を受ける権利」として日本国憲法32条に明記されている。 スラップが問題なのは、まさにこの点である。 こともあろうに、法律を正しく執行し、市民の権利を守るためのシステムである裁判制度が悪用され、憲法が保障する市民の権利を侵害してしまう。 被害者を生む。 しかし一方「提訴する権利」も国民の権利である。 提訴には違法性がない。 この矛盾が、スラップが社会問題として深刻な理由なのである。 日本の民事訴訟の問題点は 1.相手に苦痛を負わせる目的の訴訟も合法である 2.悪意ある訴訟を司法制度が手助けしてしまう 3.訴訟されると生活権を脅かされてしまう では、 創価学会はどうなのか? 公益を義務とした宗教法人であり「人権」を掲げる創価学会は、 こういったことについても模範であるべきだ。 ところが、一般のイメージとしても 〝創価学会は訴訟好き〟と捉えられていないだろうか。 現に、 学会は宗門を相手に 「正本堂建設御供養返還訴訟」を、何と全国で同時期に39件起こした。 これは、全国各地の学会員グループ 山口地裁へは19名 が日蓮正宗を提訴したものだが、わずかな期間に同時多発していることから、学会組織が背景にあることは想像に難くない。 ちなみに、提訴した 学会員らは御供養した額の3倍の金額を求めたが、39件の提訴はすべて棄却、敗訴している。 創価学会執行部に、スラップ訴訟という概念があったなら、このような訴訟を止めているはずである。 この訴訟は、前代未聞ともいうべき、創価学会の汚点となるだろう。 法曹界に多くの学会員を送り込み、 「対話」「一人を大切に」をモットーにする創価学会 が行うことではない。 むしろ、 学会=公明党は反スラップ法成立に向けて尽力すべき である。

次の

池田大作

創価学会 何

創価学会の記念日とされる日を月ごとにまとめています。 記念日タイトルのリンク先には、各記念日の詳細記事を掲載しています。 ここで掲載する創価学会の記念日は、学会総体としての記念日です。 創価学会には、各方面や各県独自の記念日も多くありますが、ここでは触れていません。 創価学会の広宣流布の歴史に関係の深い、一部日蓮大聖人のご事跡も含まれます。 創価学会では、各月の記念日を信心・活動の節目として前進しています。 概ねは、3. 18(創価学会創立記念日)のタイミングとなります。 この節目に、同志の皆さんは異体同心の団結で『頑張る』のです。 24はまた「壮年部の日」でもあるので、壮年部の方々が特に頑張ります。 各県の創価学会では、例えば千葉県の場合、上記に加えて、「2. 16千葉の日」と「2. 24市原の日」等が存在し、伝統の二月闘争とあいまって、前半のスタートダッシュがかけられます。 いずれの記念日にも、信心・活動に真摯な会員の方々にとっては、深い意義があります。 「人間は意味に生きる動物」とも言われますが、人間革命の自分史に人生の深い意義を刻みながら前進されていらっしゃいます。 1月の創価学会記念日(広布史) 1月26日は、 「SGI(創価学会インタナショナル)の日」です。 1月15日は「中等部結成の日」です。 2月の創価学会記念日(広布史) 2月は、伝統の 「」の月です。 2月11日は、 戸田城聖・第二代会長の誕生日です。 2月16日は、「日蓮大聖人ご生誕の日」です。 3月の創価学会記念日(広布史) 3月5日は、「壮年部結成記念日」 3月8日は、「芸術部の日」 3月11日は、「小樽問答の記念日」です。 3月16日は、 「」です。 4月の創価学会記念日(広布史) 4月2日は、 「4. 2 戸田城聖第二代会長の命日(逝去の日)」です。 4月20日は、「聖教新聞創刊記念日」です。 4月28日は、「御書発刊の日」です。 4月28日は、「立宗宣言の日」です。 5月の創価学会記念日(広布史) 5月3日は、 「」です。 5月3日の同じ日は、「」です。 5月5日は、「創価学会後継者の日」です。 6月の創価学会記念日(広布史) 6月6日は、「牧口常三郎初代会長の誕生日」です。 6月7日は、「高等部結成記念日」です。 6月10日は、「婦人部の日」です。 6月27日は、「未来会の日」です。 6月30日は、「学生部結成記念日」です。 7月の創価学会記念日(広布史) 7月は、大阪事件の月であると共に、男子部と女子部が結成された月です。 7月3日は、 「」です。 7月3日の同じ日はまた、「」です。 7月8日は、「」です。 7月11日は、「男子部結成記念日」です。 7月16日は、「鳳雛会の日」です。 7月17日は、 「大阪大会記念日」です。 7月19日は、「女子部結成記念日」です。 7月21日は、「水滸の日」です。 7月22日は、「鼓笛隊の日」です。 8月の創価学会記念日(広布史) 8月12日は、「教育原点の日」です。 8月24日は、 「」です。 8月24日の同じ日は、「」です。 8月31日は、「学生部の日」です。 9月の創価学会記念日(広布史) 9月8日は、 「原水爆禁止宣言の日」です。 9月8日の同じ日は、「日中国交正常化提言の発表」のあった日です。 9月9日は、「女子学生部の日」です。 9月23日は、「少年少女部結成記念日」です。 10月の創価学会記念日(広布史) 10月2日は、 「世界平和の日」です。 10月12日は、「大御本尊御図顕の日」です。 10月13日は、「日蓮大聖人御入滅の日」です。 11月の創価学会記念日(広布史) 11月3日「創価文化の日」 11月5日「男子部の日」 11月12日「女子部の日」 11月18日は、 「」です。 11月18日の同じ日は、「牧口初代会長の命日(殉教の日)」です。 12月の創価学会記念日(広布史) 12月2日は、池田名誉会長が、 「小説『人間革命』の執筆を開始した日」です。 12月2日の同じ日は、「文芸部の日」です。 12月22日は、「統監部の日」です。

次の